熊野瑞穂 脱退のお知らせ

Re:Lillyを応援してくださってる皆様、いつもありがとうございます。

この度、2017年3月12日のライブをもちましてドラムの熊野瑞穂が脱退する事になりました。

昨年末に脱退を考えていると本人から話があり、なんとかうまくいく方法を模索してきましたが、力及ばずこのような結果になってしまった事をお詫び申し上げます。

結成当初は3人で活動をしていましたが、熊野の加入やサポートメンバーの力によりRe:Lillyの音楽性はとても広がりました。

脱退は残念ですが、熊野と築き上げてきた音楽はRe:Lillyから消えるものではありません。
それらを今後に活かせるように前を向き、活動していきます。
また、熊野自身もバンドで得たことを今後の人生に活かしてくれると信じています。

Re:Lilly、熊野瑞穂共々、これからも応援していただけると幸いです。

Re:Lilly ヒロベユウイチ・湯口亮・仁木稔貴


突然のご報告となり申し訳ありません。
2017年3月12日のライブをもって、
私、熊野瑞穂はRe:Lillyを脱退する運びとなりました。

サポートの頃から数えても、2年4ヶ月と短い間でしたが
いちリスナーであった私をメンバーとして受け入れてくれ、
貴重な経験をさせてもらえたことにとても感謝しています。

サポートを始めるよりもっと前から、
彼らの音楽が生活の一部と言えるくらい、好んで聴いており
ライブを観にいくのをいつも楽しみにしていました。
そんな好きなバンドで一緒に演奏させてもらえたことを幸せに思います。
色々な事を思い返しても
正直ここには書ききれない程、Re:Lillyの音楽には助けられてきましたし
今頭に浮かぶのは感謝の言葉ばかりです。

Re:Lillyと関わってくださっている方々も、お客さんも
みなさんとてもあたたかいなといつも感じていました。
側にいてくれる人たちだけでなく
遠くの会ったこともない人が応援してくださっていたり
CDを買って聴いてくださっていたりするのを知った時は
今までに感じたことのないような嬉しい気持ちになりました。
たくさん支えてくださり、本当にありがとうございました。

そういった想いを抱く反面、活動を続けている中で
様々な要因で、前向きにバンドと向き合う事が難しいと感じるようになり
メンバーと話し合い、少し休ませてもらおうかとも考えましたが
自分のペースに周りを巻き込む事も難しく
悩んだ末、メンバーから抜けることを決めました。
このような結果となったことをお詫び申し上げます。

先日のライブも出演できず、ご迷惑をおかけしました。
これからの事についても、色々とご迷惑をおかけし
心苦しく思うところもありますが
このことが、長い目で見て、お互いにとって前向きな選択となるように
それぞれのペースで音楽と関わっていけたらと思います。

なお、4月のライブからはサポートドラマーをお迎えして
バンド形態でのライブも継続して行っていきます。
今後のRe:Lillyにも期待していただければ幸いです。

Re:Lillyとしてのライブはあと
3月4日渋谷乙、3月12日心斎橋FANJ、の2本です。
悔いのないよう、やり切りたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

長々とお読みいただきありがとうございました。

 

Re:Lilly 熊野瑞穂