リリース: shikisai compilation vol.6

リリース: shikisai compilation vol.6

shikisai compilationの6作目を配信開始します。10月29日より特設サイト、Bandcampにて配信開始します。

Release Date

2017.10.29

Artist:

Re:Lilly
SAyA+ryusuke sasaki
uyuni
さわひろ子
ユメノマ
uminism
marucoporoporo
enzym (France)
tete.
ハクスキノエ
yule

Artwork: ヤマダサヲリ

About shikisai compilation

「shikisai compilation」は声やギター・ピアノなどのオーソドックスな楽器によるメロディックなアコースティックサウンドと、現在の発展したエレクトロニクスサウンドを取り込んだアーティスト・クリエーター達によるコンピレーションアルバムです。
インターネットを通じて見つけられる、地域・ジャンルを越えた様々なアプローチをする色彩豊かな音楽を紹介します。

shikisai compilation” is a compilation album to introduce the artist/creator who creates a music that fused acoustic sound and modern electronics sound.
Introduces the music of the various approaches has been exceeded can be found through the Internet, a regional genre.

 

-Artist-

Re:Lilly

2011年に仁木稔貴、ヒロベユウイチ、湯口亮の3人が集まり、ライブ活動や楽曲制作を行うユニットとしてRe:Lillyが結成される。
ポップスセンスのあるボーカルを軸に、エレクトロニカ、アンビエント、アコースティックをキーワードにしたサウンドを散りばめ、独特な浮遊感のある楽曲を生み出す。
2012年、1st EP「hibi」をリリース。翌年に2nd EP「fragment」をリリース。
2014年に自主レーベル「KUSANONE Label」を立ち上げ、インターネット上にてフリーコンピレーションアルバム「shikisai compilation」を定期的にリリースする活動を始める。またmiaouやsleepy.abといったゲストアーティストや、日本各地のアーティストを招いた同コンピレーションのリリースイベント「ナミノカ」を主催するなど、レーベルとしても精力的に活動を行うようになる。
同年、3rd EP「Seaside Light」をリリース。
2014年からはドラム・ベースをサポートメンバーに加えこれまでの形態を大きく変えてバンドとしてより温かみのある楽曲を作るようになる。
2016年9月の初のフル・アルバム「Scene of view」を全国流通でリリース。

Official web site: http://re-lilly.jp/
Twitter: @ReLilly

SAyA+ryusuke sasaki

2015年1月結成。札幌在住。
木箱のヴォーカルSAyAとAnokosのトラックメイカーryusuke sasakiからなる二人組ユニット。
シンセサイザーで即興した音を基調に構築された遊び心溢れるトラックと透き通ったSAyAの歌声が融合し独自の世界感を放つ。

SAyA+ryusuke sasaki sound cloud: https://soundcloud.com/saya-ryusuke-sasaki
Twitter:  @sayaryu_info
木箱 web site: http://kibaco.net
Anokos sound cloud: https://soundcloud.com/anokos

uyuni

東京在住 内山 雄一のエレクトロニカソロプロジェクト。
1987年大阪生まれ大阪育ち。
2013年までインストバンドGraphic Lagにて関西を中心に活動。
2015年から東京にてソロプロジェクトuyuni活動開始。
旅先で得たインスピレーションを音に具体化させる事をコンセプトに
清涼感のある電子音とピアノで表現。

Official web site: http://uyuniuyuniuyuni.tumblr.com/

さわひろ子

うた、作詞曲
大阪生まれ、大阪育ち。童謡や純邦楽を聴いて育ち、中学高校は演劇、大学では合唱をして過ごす。
現在、都内ライブハウス・野外イベント等で活動中。
ひとの奥底のいびつさに向き合えたらと思って歌っています。

Official web site: http://www.sawahiroko.com
Twitter: @sawahiroko
Instagram: @sawahiroko

ユメノマ

中島しんやによるソロプロジェクト。music・arrange・programming・bass guitar担当。
音源製作・ライブなどサポートミュージシャンを加えて活動開始。
これまでの活動は様々なコンピへの参加、リミックス、ミニアルバムを3枚リリース、
坂本龍一ナビゲートのJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションでノミネートなど。
空間を音で描く、サイケデリア漂うトリップサウンド。

 Official web site: https://yumenomasound.tumblr.com/

uminism

member:ai(vo.key.), minato(vo.key.), ko-hey(g.) +VJ
2013年海の日結成。 映画的な映像制作と共にライブ活動を行う。

Official web site: http://uminism.tumblr.com/

marucoporoporo

2015年より東京を中心に音楽活動を開始。弾き語りスタイルでライブを行う傍ら、トラック制作も行う。

Soundcloud: https://soundcloud.com/marucoporoporo

enzym (France)

Louis Pierre-Lacouture, who goes by the alias Enzym, is an artisan of sound. The tools of his craft are enzymes, with which he catalyzes an electronic music mixing piano, glitches and keyboards to produce sounds somewhere between Chopin and Boards of Canada. Compiling sounds like lego pieces, he constructs, deconstructs and mixes sounds, melodies and rythms, out of which emerge sound sculptures. During her stay in Paris, singer and fashion designer Tokko collaborated with Enzym to compose and record Warm, mingling her aerial vocals with the chopped piano and polyrhythmic bass and percussion lines that have become Enzym’s signature.

Official web site: http://www.enzymsound.com/
Twitter: @enzymsound

tete.

1992年生まれ。
兵庫県出身の音楽家。
幼少期から親しんでいるピアノをはじめ、様々な楽器とパソコンを用いて音楽制作を行う。
誰かの声やことばに耳をすませて生まれた独自の心象風景を音楽で再現している。

Official web site: https://tete01.amebaownd.com/

ハクスキノエ

「仕事が忙しいと言いつつもも、時間を見つけては音楽活動に勤しむ。
海外レーベルに楽曲の提供を行いながらもライブする。
10分BGM混みのトークと20分ライブする前説を取り入れた一人ユニットである。
トークで場の一体感を支配してからライブを始める、カメダシンゴの創作場である。
いい雰囲気にしてライブしますので今後とも宜しくお願いします。

Official web site: http://shingotouch.wixsite.com/hakusukinoa
Twitter: @southpoach

 yule

東京の男女混声6人編成バンド。
男女混声のボーカルを中心にアコースティックギター、マンドリン、グロッケンシュピール、シンセサイザーなど多彩な楽器を加えたサウンドが特徴。

2015年1月、vocalのRei、Annaを中心に結成。guitarのmag、サポートメンバーにIwao、Tetsutaro、fumiを加えた6人体制で活動を開始。

同年8月、THISTIME Recordsの主催するイベント「スプートニク vol.06」で初のライブ。同時に1st e.p.『Sleep』を会場限定で発売。10月には音楽メディアSpincoasterの主催するイベント「SPIN.DISCOVERY Vol.03」にポルトガルのNortonらと共に出演。

2016年7月、販売終了した1st e.p.『Sleep』を再生産し、タワーレコード渋谷店で限定販売を開始。その後、タワーレコード新宿店、タワーレコード梅田大阪丸ビル店でも取り扱いを開始。早耳の音楽ファンの間で話題となりつつある。
2016年12月、初の全国流通アルバム『Symbol』を2017年2月8日に発売することを発表。

Official web site: http://yulejapan.com/
Twitter: @yule_japan
Soundcloud: https://soundcloud.com/yule_japan

 

-Artwork-

ヤマダサヲリ (kitorina records)

グラフィックデザイナー

1989年 札幌出身、札幌在住。
経専音楽放送芸術専門学校 卒業後、独立。

グラフィックを主体として、
様々なサウンドジャンルにおけるアートワーク(CDデザイン)を中心に制作。
フライヤー・ポスター等の紙媒体から、ロゴ、グッズ等のデザインワークを行う。
また近年は、LIVEイベントにて空間演出(会場装飾/絵の投影)を担う。

totokoko label 所属 (2010.12-)
ArtLism.JP 所属 (2012.03-)
kitorina records 所属 (2013.12-)

Official web site: http://saoriyamada.wix.com/index
Twitter: @saoriyamada_hug

『Scene of view』配信開始&『Scene of view Remixes』Release!!

昨年9月に発売した『Scene of view』が本日よりiTunes、AmazonMusicなどの配信サイトでも購入できるようになりました!
AppleMusic、Google Play Musicなどの定額ストリーミング系サイトでも配信スタート致します!

さらに!親交のある10組のアーティストと自身で収録曲をリミックスした『Scene of view Remixes』も配信開始!
こちらもiTunesなどの配信サイトでDL購入、AppleMusicなどの定額ストリーミング系サイトで配信スタート!
ぜひ原曲と聴き比べてお楽しみください!

Re:Lilly『Scene of view』

◇収録曲
01.Seaside Light
02.四畳半、蜃気楼
03.Nightswim
04.Goodbye my friends
05.さよならを濁して
06.花
07.シリウス
08.Roundhay
09.雨の街
10.海底の森
11.hibi

アルバム一括販売価格¥2,000-(単曲¥200-)

ストリーミング系サイト

Re:Lilly Remix Album『Scene of view Remixes』

◇収録曲
01.Seaside Light -[.que] remix-
02.四畳半、蜃気楼 -johan plus kei remix-
03.Nightswim -kawaihidenari remix-
04.Goodbye my friends -刀根武士 / 雑魚猫タワー remix-
05.さよならを濁して -miaou remix-
06.花 -gocko remix-
07.シリウス -木箱 remix-
08.Roundhay -kafuka remix-
09.雨の街 -Re:Lilly remix-
10.海底の森 -Gecko remix-
11.hibi -colobs remix-

アルバム一括販売価格¥1,500-(単曲¥150-)

ストリーミング系サイト

熊野瑞穂 脱退のお知らせ

Re:Lillyを応援してくださってる皆様、いつもありがとうございます。

この度、2017年3月12日のライブをもちましてドラムの熊野瑞穂が脱退する事になりました。

昨年末に脱退を考えていると本人から話があり、なんとかうまくいく方法を模索してきましたが、力及ばずこのような結果になってしまった事をお詫び申し上げます。

結成当初は3人で活動をしていましたが、熊野の加入やサポートメンバーの力によりRe:Lillyの音楽性はとても広がりました。

脱退は残念ですが、熊野と築き上げてきた音楽はRe:Lillyから消えるものではありません。
それらを今後に活かせるように前を向き、活動していきます。
また、熊野自身もバンドで得たことを今後の人生に活かしてくれると信じています。

Re:Lilly、熊野瑞穂共々、これからも応援していただけると幸いです。

Re:Lilly ヒロベユウイチ・湯口亮・仁木稔貴


突然のご報告となり申し訳ありません。
2017年3月12日のライブをもって、
私、熊野瑞穂はRe:Lillyを脱退する運びとなりました。

サポートの頃から数えても、2年4ヶ月と短い間でしたが
いちリスナーであった私をメンバーとして受け入れてくれ、
貴重な経験をさせてもらえたことにとても感謝しています。

サポートを始めるよりもっと前から、
彼らの音楽が生活の一部と言えるくらい、好んで聴いており
ライブを観にいくのをいつも楽しみにしていました。
そんな好きなバンドで一緒に演奏させてもらえたことを幸せに思います。
色々な事を思い返しても
正直ここには書ききれない程、Re:Lillyの音楽には助けられてきましたし
今頭に浮かぶのは感謝の言葉ばかりです。

Re:Lillyと関わってくださっている方々も、お客さんも
みなさんとてもあたたかいなといつも感じていました。
側にいてくれる人たちだけでなく
遠くの会ったこともない人が応援してくださっていたり
CDを買って聴いてくださっていたりするのを知った時は
今までに感じたことのないような嬉しい気持ちになりました。
たくさん支えてくださり、本当にありがとうございました。

そういった想いを抱く反面、活動を続けている中で
様々な要因で、前向きにバンドと向き合う事が難しいと感じるようになり
メンバーと話し合い、少し休ませてもらおうかとも考えましたが
自分のペースに周りを巻き込む事も難しく
悩んだ末、メンバーから抜けることを決めました。
このような結果となったことをお詫び申し上げます。

先日のライブも出演できず、ご迷惑をおかけしました。
これからの事についても、色々とご迷惑をおかけし
心苦しく思うところもありますが
このことが、長い目で見て、お互いにとって前向きな選択となるように
それぞれのペースで音楽と関わっていけたらと思います。

なお、4月のライブからはサポートドラマーをお迎えして
バンド形態でのライブも継続して行っていきます。
今後のRe:Lillyにも期待していただければ幸いです。

Re:Lillyとしてのライブはあと
3月4日渋谷乙、3月12日心斎橋FANJ、の2本です。
悔いのないよう、やり切りたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

長々とお読みいただきありがとうございました。

 

Re:Lilly 熊野瑞穂